Aquastella [ ]

Aquastella image 拡大画像を見る

秋の肌の状態

夏の紫外線でダメージを受け、しかもマスク着用を余儀なくされ、あなたの肌は想像以上に疲れています。また、これからは季節の変わり目となるため、この時期の肌は敏感でデリケート。さらに、皮脂などの分泌機能も低下し、空気も徐々に乾燥してきますので、しっかりとしたケアが欠かせません。
まず紫外線の後遺症として、挙げられるのが、次の二つです。

色素沈着⇒シミ予備軍

一つ目は、シミやソバカスなどの色素沈着です。肌が正常な状態であれば、紫外線が少なくなるにつれてメラニン生成量も少なくなっていき、生成されたメラニンも新陳代謝とともに排出されていきます。しかし、肌の状態が悪いと、過剰に生成されたメラニンが肌の内部に残存し、シミやソバカスの原因となります。

肌乾燥⇒シワ予備軍

二つ目が、肌乾燥です。夏が終わり秋になると、肌からツヤや滑らかさが失われたようなカサカサ感や、肌が厚く硬くなったようなゴワゴワ感を感じることがあります。
これは、紫外線が表皮細胞に悪影響を与えた結果、角質層に機能不全の細胞が多くなり、保湿機能やバリア機能が低下して肌が乾燥している状態です。
 放っておくと、かゆみなどの肌トラブルやシワなどの老化現象の原因となります。

ダメージをきちんとケアし、肌を健全な状態に戻しておかないと、肌の老化は加速度的に進行していきます。乾燥の冬に入る前の9月~10月が、美肌への分かれ道です。ぜひ入念なスキンケアを!

基本の使い方

さっぱり組合せで……
まず肌の疲れを取り除きましょう!

夏の疲れを取り除くうえで大切なのは、皮膚表面に付着した刺激物(古い汗や皮脂、メイクの洗い残し、空気中のチリやホコリ、排気ガス、雑菌、アレルゲン物質、化学物質など)や古い角質を洗い流すことです。これらが皮膚表面に残っていると、肌の保湿機能やバリア機能を低下させ、さらには新陳代謝にも悪影響を与えるため、肌は厚く硬くくすんだ状態となってしまします。
こうした刺激物や古い角質を取り去ることは必要ですが、洗浄力が強すぎるものを使用したり、肌を強く擦ったりすると、かえって角質層を傷つけて、刺激物や異物が侵入しやすくなり、カブレなどの肌トラブルが発生しやすくなってしまうので気をつけなければなりません。
このように肌を傷つけることなく、不要な付着物をきれいに取り去ることによって、肌本来の保湿機能やバリア機能を守り、高めることが重要なのです。そこでオススメなのがアクアステラのクレンジングオイルとクリーミィフォームです。

しっとり組合せで……
乾燥肌に潤いを与えましょう!

乾燥気味の秋の肌は角質層の水分が不足し、硬くゴワゴワした状態になりがちです。正しいクレンジングや洗顔の後は、アクアステラのソリューションでたっぷりと水分や保湿成分を補給してください。次に、油分成分を含んだエマルジョンで潤いのベールを作り、水分の蒸発を防ぎましょう。さらにエッセンスで肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切です。

化粧水のみ使用した場合と比較すると、保湿機能の高いクリームと美容液を併用した場合は、肌の水分量維持率は大きく高まります。通常美容液を使用されていない方も、秋から冬の肌には、化粧水と併せて美容液も使用されることをオススメします。
次号では、このエマルジョンとエッセンスを、さらに詳しく解説します!

アクアステラ製品の〝特徴〟と 〝使用順〟

  1. アクアステラ クレンジングオイル(化粧落とし)

    人間の皮脂に近いオイルで肌に負担を掛けず、メイク汚れもすっきり取り去ります。ブルガリアンロ ーズの香りでリラックスできます。

  2. アクアステラ クリーミィフォーム(洗顔料)

    肌を整える3種のセラミド配合。超微粒子のクレイが汚れや古い角質を吸着し取り除き、5種の乳酸菌が肌を守りながらクリームのような泡で汚れを包み込みます。

  3. アクアステラ ソリューション(化粧水)

    スターライズを代表する製品です。プロトン ストラクチャードウォーターと植物由来の保湿成分を配合。ぐんぐん肌に入り込むような使用感です。

  4. アクアステラ エマルジョン(クリーム)

    美容成分をバランスよく配合。お肌のモイスチャーバランスを整え、健やかな肌へと導きます。ナノ化無水ヒアルロン酸をカプセルに閉じ込め、肌の中で溶けることによって保湿を長時間キープします。

  5. アクアステラ エッセンス(美容液)

    抗シワ製品ガイドラインの試験評価におけるすべての項目において有意差が認められました。